為替Fxをしていたこともあったので、仮想通貨の証拠金取引も同じ仕組みで取引や決済ができると思ったら、やっぱり問題がありました。

最近、ビットコインが急落したというニュースで騒がれていますが、1BITコイン770000円をウロチョロしているころに信用売りをZaifからしてみました。しかも、20万円を預けてです。なんで、1.9BITを信用買いしたことになります。レバレッジは7.7倍でした。

BITコインが一気に戻してきて、ロスカットも一応入れておいたものの、一時機能せずどうしても建玉を決済できず損失も膨れ上がりっていたので、死ぬほど焦りました。

そうです、私のミスは仮想通貨fxでの注文方法と決済方法でミスを犯したことです。それで、約6万円程度一瞬で溶かしてしまいました。投機、投資は自己判断で行うものですから、何も言えませんが、皆さんは注文方法と決済方法だけは完璧に把握しておいてくださいね!

証拠金取引をする前に絶対にストップ注文を入れておく

上の図にもあるように、ビットコインが急落してきた中で、価格が一気に伸びたところを売りポジで入ったのですが、大きく損をしました。コインチェックの送金問題など、仮想通貨ブームが一時的に落ち込むのではないのかという考えや、コインチェックから出金をする人が多くなり価格がこのままもっと減るのではないかという予想がありました。

実際は、ブレイクした後の押し目を買うというトレードが正解でしたね。これは、もう結果論なので、一つのトレードミスということで反省し次回に向けて改善するしかないです。

さて、こうした証拠金取引をする前に絶対にやっておきたいことですが、ストップロスは必ず入れておきましょう。FXをやっていた方ならなじみがあることですね。急激に価格が大きく動いてしまった時に成行注文では対応できないことがあります。その時用のストップです。

ビットコインは特にボラティリティ(価格の上下の激しさ)があり、ストップは入れておくのは必須。ただ、仮想通貨fxの場合取引所によってはそのやり方も少し違ったり、わかりにくかったりしますので注意する必要があると思います。

手順としては、取引前にストップと利食いをする価格を入れることです。

まず、注文画面は以下のような感じ。

今回は、BITコインを信用買いするときの手順です。

まず見方なのですが、上から現時点での1BITコインの価格、右にはどれくらいのレバレッジをかけるか。下に行って、買いたい量とそれに合った必要証拠金。そして、重要なのがリミット売りとストップです。

入力すると、こんな感じに表示されます。手数料も、1BITコインで7.7倍のレバレッジの場合、一回のトレードで359円かかります。これは、取引量が多くなるほど高くなるので取引回数には注意が必要です。

信用買いの場合、リミット価格には注文価格より高い価格、
ストップ価格には注文価格より低い価格を入力することが可能です

今回は、1BIT906000円のところで買いリミット=利食い価格は100万円で、ストップ価格は85万円のところに設定。

また、それらを入力する時には、取引画面下にあります売買注文というところで買い売りどちらの気配値を参考にするといいでしょう。

気配値とは、買いポジをしたい人売りポジを持ちたい人の希望としている値段=指値のことです。買い気配値とは、買い注文で最も高い値段のことを、売り気配値は売り注文で最も安い値段を指します。

そして、買いか売りかどちらの方に多く注文が入っているのかを確認するとエントリーのポイントでミスをすることも少なくなります。

超重要!すぐに決済をする方法を知っておく

ビットコインの価格が大きく変化した場合に、すぐに決済した時ありますよね。仮想通貨の場合ちょっと困るのが流動性のところや取引所のサーバーが多数の取引で重くなってしまうことで取引が通らないことです。そもそも、ストップ注文は入力した価格にて約定を約束するものではないと、公式ホームページにも書いてあります。

あくまで、自己責任でやってくださいということなので、リスクな相場からの撤退も自分でするくらいの気持ちでいいと思います。

実体験から、事前に設定したストップが成立しなかったリすることがあって結構焦ります。利食いのリミットのところなんておそらくすぐ決まりますが、ストップはなかなか決まらないことの方が多いでしょう。

まず、即座に決済を行いたい場合は、取引画面チャートの真下にある「売買注文」の板に並んでいる価格を入力することで対応できます!

ここにある価格をクリックをすることで、より早くリスクな相場から撤退できますので、トレードをする前には覚えた方が焦らないですよ。

ただし、急激な価格変動が起きた際には、ロスカット連鎖のような状態となり、乖離した価格での決済が行われることが結構あります。なので、超ハイリスク、ハイリターンな仮想通貨の証拠金取引を踏まえて、資金管理を徹底することを優先する方が賢明な気がします。

自分のトレードスタイルに合わせて、少しずつ調整すると勝てるトレードノウハウが見つかるかもしれませんね!