あの出川さんを使って、大々的にテレビCMを出してプロモーションに力を入れていたコインチェックが不正アクセスを受け、総額580億円もの大金が不正に送金されてしまった事件。

ちょっとビットコインをはじめ仮想通貨のことを知っている人にとって見れば『ついに起きてしまったか…』という感じ。

もともと、コインチェックはセキュリティー面に不安があるというのは仮想通貨fxをかじっている人であれば知られていました。今回は、このコインチェックの事件に学ぶ、これから仮想通貨投資を始める方へセキュリティーの基礎的な知識、ハッカーから身を守る方法をご紹介します。

あなたの仮想通貨は結構危ない!取られる前にセキュリティー対策を!

2017年の8月くらいから、仮想通貨の盛り上がりをみせちょっとしたバブルのようにもなっている昨今。いくら稼げたというツイートもよく見かけますね。

それに影響されて、何も仮想通貨のことを知らないけどすぐにでも買いたい!という方が多いようです。ただ、仮想通貨はデジタル通貨ですから、その扱いや管理には十分注意をする必要があります。

仮想通貨取引所で購入したものはウォレットで保管するはずが…

通常、仮想通貨取引所の講座を作成したらウォレットという通貨を保管するアプリ(大体の取引所は提供してくれる)に、ビットコインなどを管理しておきます。

オツポンオツポン

ん?ウォレットって何?

トゥレーダー先生トゥレーダー先生

仮想通貨はデジタルデータだから、データ管理ができる財布のようなものだ。保管から送金、決済はすべてウォレットを通して行うんだ。

取引所に預けるという選択肢もありますが、セキュリティー面の問題から基本的にウォレットでの管理をオススメされます。

このウォレットですが、いくつか種類がありまして、

  • オンラインウォレット(初心者にオススメとされる)
  • ローカルウォレット(パソコンにインストールしてローカル環境で使う)
  • ペーパーウォレット(アドレスと秘密鍵を印刷して紙で保管)
  • ハードウェアウォレット(専用端末に仮想通貨を保管※機器代金は一万前後)→最強!ただ、ちょっと使いずらいかも?

どこの取引所でもオススメされるのが、オンライウォレット。これは、いつでもどこでもウォレットを確認できることや、決済などもラクラクできるといったユーザーの使いやすさからオススメされますね。

しかし、デメリットとしてオンライなので、いつでもインターネットにつながっている状態だと不正アクセスによるトラブルもアプリのセキュリティーレベルによっては頻繁に起こる可能性はあります。

コインチェックの今回の問題前から、同社はウォレットアプリのセキュリティーの弱さが噂されていた。ビットコイン以外の仮想通貨アルトコインを多数取り扱っていることから、人気だった取引所ではあるがセキュリティーがガバガバだと安心して取引できないのは言うまでもないですね。

ただ、今回の問題でオンラインウォレットの弱点を改善してくれば、今後超強固なウォレットが開発される可能性もあるので目が離せません。要は、セキュリティー面でビットコインに手を出せない人も大勢いる中で、こうした問題が解決されればまたビットコインが大きく変われるといったことも考えられます。

ちょっと話がそれました。

では、そもそもどのようにしてハッカーが私たちの口座から不正にビットコインなどを他の口座に送金できるのでしょうか?

ハッカーから身を守る情報セキュリティーの基本知識

せっかく、仮想通貨fxで稼いでもハッカーから不正送金されて残高ゼロになったら、相当ショックですよね。でも、そもそもハッカーはどのようにして他人の口座情報に不正アクセスして不正送金までできるのでしょうか?

ハッカーと聞くと、ファイアウォールなど強固なセキュリティーを突破して、重要な情報を抜き取ったりするようなことをする人々というイメージを持つかもしれません。

ただ、今回のコインチェックも含め仮想通貨取引所のセキュリティーは強固なものです。外からの侵入ができる可能性なんて限りなくゼロに近い確率です。そもそも、複製が不可能なIDもろもろと合わせて、二段階認証をしているので第三者が到底破ることが不可能なセキュリティーになっています。

では、どうして不正にアクセスされてしまうかというと、遠隔操作を可能にしてしまうアプリを自動でインストールさせてハッカーのPCとつなぎ合わせてしまうからです。

よく、会社の情報セキュリティー研修などで不可解なメールに添付されたデータやURLにアクセスしないように言われますよね。要は、そういったデータにアクセスをしてしまうとハッカーのPCに勝手につないでしまい、遠隔操作を可能にするアプリが勝手にインストールしてしまうのです。

そうなると、自分のパソコンを勝手に操作されて、ビットコインを保管してあるウォレットに侵入され不正送金されるといったケースが多いようです。

オツポンオツポン

そんな簡単に自分の仮想通貨が取られたらたまりません。

トゥレーダー先生トゥレーダー先生

そうですね。だから、ある程度の情報セキュリティーの知識は必要です。

じゃあどのようにすればハックされる危険を回避できるのか?

まず、オンライだから起こりうる危険なので、自分がPCを使わない時は自宅のWi-Fiを切ったり、PCをシャットダウンしたりすることがまず簡単な予防対策になります。

 

要は、遠隔操作というのはインターネット環境がなければできません。そもそも、ハッカーは隙を狙って遠隔操作をしようとします。例えば、あなたが寝てしまった時を狙って遠隔操作でウォレットにアクセスしてビットコインを不正送金をするといった感じ。つまり、普段あなたがPCを使っているときはハッカーは何もせずただひたすらチャンスを狙って身を潜めているのです。

後、PCの電源を切ってしまえば、遠隔操作は不可能ですよね。

ウイルスバスターなどのソフトで、未然に危険を察知して危険なアプリを除去するようなことはできないのかと思われるかもしれません。実は、これも情報セキュリティーに詳しい人から聞いたことなのですが、ウイルスバスターで除去できる危険アプリは50%くらいの確率で除去できる程度らしいです。つまり、50%の確率で危険なソフトがウイルスバスターを抜けてインストールされる危険があるということです。

それでも、どうしてもビットコインを盗まれたくないという方はハードウェアウォレットを使って仮想通貨を管理するのがオススメです。要は、専用機器にビットコインデータを入れてしまうというもの。ネットからアクセスもできないので安心というワケです。

今のハードウェアウォレットはちょっと慣れないと使いずらいらしいですが、今後もっと手軽にビットコインを安全に持ち歩けるものが開発されるかもしれません。

まとめ

仮想通貨fxをはじめる前に、セキュリティー面の知識を得ること。簡単な対策として以下。

  • PCを使わない時は電源を切る
  • 寝るときはルーターの電源まで消す
  • ハードウェアウォレットで仮想通貨を守る
  • 変なサイトを開かない
  • 不可解なメールに添付されたファイルやURLをクリックしない

こうした簡単なことを実践するだけでも、未然に不正アクセスを防げます。もともとデジタル通貨である以上、こうしたセキュリティー対策をするのは大切です。盗まれてからでは遅いので、簡単なことから実践してみましょう!