リップルはある面特殊な仮想通貨で、アメリカに本社のあるリップル社が発行しているトークンなんですよ。

トークンとは仮想通貨のようなものなんだけど、リップル社というところが中央集権的に管理しているので、厳密には仮想通貨でないとする人もいますね。

さて、仮想通貨fx初心者は、レバレッジをかける取引と通常取引(レバレッジをかけない)をミックスして分散投資をしてリスクを下げることをおすすめします。つまり、リスク管理を最適化することと資金効率を上げる目的を同時にやっていこうというもの。

証拠金取引でも利益を出し、かつ、通常取引でも利益を出していくこと。その一つの方法としてアルトコイン投資があります。

従って今回は、通常取引で売買できて今後に期待できるアルトコインのリップルのご紹介をしたいと思います。

リップルの特徴とは

まず、リップルはリップル社が発行しているトークンの説明を簡単にします。

まず、トークンはなかなか聞きなれない言葉ですよね。簡単にいうと、チケットのようなものです。要は、サービス券や割引券のトレードをしている感じです。

そもそも仮想通貨は、分散管理される取引台帳にあたるブロックチェーンと、取引の正当性をコンピーターの計算によって認証する所謂マイニングから成り立っています。

マイニングはやる気と資力があれば誰でもできて、世界中の人が分散しているブロックチェーンの認証にとりくんでいますね。

ところが分散管理が仮想通貨の1つの特徴にもかかわらず、リップルの中央集権的な仮想通貨のところが気に入らない人もいるそうです。実は、私も中央集権的なコインは好みません。

こんな点を除けば、リップルも他の仮想通貨と同じで取引所で売買できますね。
通貨単位はXRPで、他に似た通貨単位の仮想通貨もあるので、取引の時には間違えないように気をつけましょう。

リップルが生まれた背景は?


リップル自体は、銀行などの金融機関が送金する時の補助として生まれてきた経緯があるんです。
だけど取引は活発で時価総額は、2番あるいは3番と上位に来ている人気の仮想通貨ですね。

上記のようにリップルは金融機関の送金補助に使われるのが主眼の仮想通貨になります。
送金スピードは秒単位と、他の仮想通貨の数倍から数百倍というのが大きな特徴だね

これは国境を超えた取引所同士の送金でも、数分あれば完了するそうです。
そして送金にかかるコストも安いので、日本の銀行もリップルを使った送金を検討していると言われています
そんな訳でリップルの価格は、しばらく前まで余り動きがなかったのだけど、2017年の12月に入って急騰したのです。

銀行に勤めている知人から聞いたところ、リップルは買っておいた方がいいとのこと。その通り、価格は急激に上昇しました。つまり、銀行の決済システムにリップルを利用する可能性があるということと予想できます。もちろん、これは個人的な予想です。実際に投資される方は、自己責任となります。

リップル買うなら今は様子見に試みるべき?


その後は2018年の1月に天井をつけて、一転下降してきているのが現在ですね。
なにしろ1ヶ月で15倍くらい急騰したので、下げもきついようですよ。
とりあえず今はリップルの適正価格を市場が探している段階なのかも知れません。

リップル購入したい時には取引所を使うのが一般的で、日本の取引所でもリップルを扱っているところはいくつもあるね。

ただ、取引所といっても販売所でしか売買していないところもあるから気をつけよう

ところで取引所とは、仮想通貨を売りたい顧客と買いたい顧客をマッチングさせるところで比較的手数料が安い。
だけど販売所は、その業者と顧客が直接売買するところで、手数料が高い場合が多い。
それでリップルを取引するなら取引所がいいですね。

おすすめの取引所は、ビットバンクをあげておきましょう。
価格面及び手数料共に他の取引所や販売所より有利だと思うよ。