仮想通貨のイーサリアムは、ブロックチェーンにスマートコントラクトという自動契約をプログラムできる機能を備えている最初のプロジェクトでした。
そして、このブロックチェーンにスマートコントラクトを採用した中国発の仮想通貨がネオですね。

仮想通貨ネオの基礎知識!

ネオは通貨単位がNEOで、2016年の秋にリリースされました。
冒頭で述べたようにスマートコントラクトを実装しているため、中国のイーサリアムと呼ばれることもありますね。
仮想通貨はブロックチェーンが取引データなのですが、取引を承認する認証という手順を踏んで正式に取引が認められます。
ビットコインなどの仮想通貨では、認証にPoWが使われることが多いのだけど、ネムはDBFTと言う独特なアルゴリズムを使っているのが特徴だよ。

それで取引の認証が他の仮想通貨に比べて早くなってるんだ
それから、スマートコントラクトを利用するにはプログラムを書くんだけど、ネオの場合はCとかPythonなどよく使われているプログラム言語が複数使えるんだね。

仮想通貨NEOの将来性に期待!


なお、通貨発行上限は1億NEOとなっていて、ICOという仮想通貨による資金集めなどに使われることが多くなっています。

しばらく前までネオは比較的安い価格だったのだけど、この頃は値上がり傾向が続いているようだね。
まあ、下がる場面もあるけど、それでも以前に比べれば高い。
これはネオの需要が旺盛だと捉えれば、将来的にも使われる場面が増えると考えられますね。

オツポンオツポン

中国でスマートコントラクトの活用が進めば、かなり有望通貨だね!

トゥレーダー先生トゥレーダー先生

その通り。これからは、ビットコインよりイーサリアムに注目すると稼げるチャンスが広がるかもね!

NEOでICO?中国の今後に期待!

それからICOという資金調達が流行っています。
これはICOを行うところが発行するトークンという1種の仮想通貨を流通量の多いビットコインやイーサリアムなどと交換するんだね。
ところが、ここへきてネオがICOで交換通貨に使われることも多くなってきています。

理由はネオがイーサリアム系の仮想通貨だから、トークンや仮想通貨の管理が簡単だからと考えられるね。
ネオに対する懸念は、中国政府の規制が厳しくなって使いづらくなることでしょう。

残念だけど、ネオは日本の取引所や販売所では扱っていないんだよ。
そのためネオを売買したければ外国の取引所を使うことになるね。

 

海外取引所を使うことが必要!

例えば、バイナンスとかビットトレックスなどの取り扱い仮想通貨の多い取引所を使うといいと思う。
ただ日本から海外に法定通貨を送るのは中々難しくなっています。

なので1度日本の取引所でビットコインとかイーサリアムを買って、それを海外の取引所に送るといいかもしれませんね。
ところで、仮想通貨はウォレットと言うところに入れておくんだけど、取引所で買った仮想通貨は自分のPCなどのウォレットに入れておくのが安全だね。

そして、誰かに仮想通貨を送る時には、ウォレットから簡単に送れます。
もちろんウォレットは仮想通貨の受取にも使えるよ。

ネオの特徴のところでも述べたけど、ネオは取引認証が早いので他の認証の遅い仮想通貨より使いやすいそうだね。
それでネオを使うところが、増えてきているのが現状という訳です。
ただし、中国発の仮想通貨なので、その点は忘れないようにしましょう。