保有している仮想通貨を入れておくところがウォレットですが、これには色々なタイプがありますね。
中でもインターネットに接続されているウォレットをホットウォレットと呼んでいます。

もし、これから仮想通貨fxを始める、草コインで一儲けしたい、ICOなら勝てそうだからやってみたいと思う方は、ホットウォレットの基礎知識だけはつけておくことをおすすめします!

盗まれるのはホットウォレットからが大半なの知ってる?

ウォレットは仮想通貨を入れる財布のようなものですが、それはパソコンの中にあったり、スマホの中だったり、インターネット上にあったりと色々です。

パソコンの中のウォレットは、一般に専用のソフトウェアを使うのでソフトウェアウォレットと呼ばれますね。
スマホの場合は、専用のアプリを使うのがほとんどでスマホウォレットと言われています。
それからインターネット上にもウォレットは作れますよ。これはウェブウォレットと呼ばれています。

  • パソコンの中のウォレット
  • スマホ内のウォレット
  • ウェブウォレット

他にもウォレットはありますが、上記の3つのタイプのウォレットは、もしインターネットに接続されていれば、ホットウォレットと言って良いでしょう。

そして、不正にどこの国かもわからないところのウォレットに送金されるのもホットウォレットからなんです。あの、コインチェック不正送金問題もネムをホットウォレットで管理するためのセキュリティーが甘かったことで起きました。

オツポンオツポン

インターネットで接続されているって、なんか不安…

トゥレーダー先生トゥレーダー先生

そう。何百万人とも言われる世界中のハッカーの仕事は、インターネットに接続されたウォレットからあなたの仮想通貨を盗むことだ。

一方でパソコンのソフトウェアウォレットでも、インターネットから遮断されていればホットウォレットではありません。

ウォレットには仮想通貨が入っていると言っても、実際は仮想通貨のアドレスと秘密キー、及び公開キーが記録されているだけですね。

その他の役割には、仮想通貨の送金や受取機能や仮想通貨の管理等です。
ところで、仮想通貨の送り方は相手のアドレスに対して、数量や公開キーのデータにこちらの秘密キーで電子署名して送るだけです。

ホットウォレットで保管されている仮想通貨にとって重要なのは秘密キー!

重要なのは、秘密キーによる電子署名があれば、持ち主以外でも仮想通貨を任意のアドレスに送れるところですね。 つまりウォレットの中の秘密キーを盗まれると、仮想通貨を盗まれたことと同じになる訳ですよ。

基礎的なセキュリティー対策についてまとめてみました!

もし、インターネットに接続されているホットウォレットが、ウィルスやマルウェアなどに感染していて、秘密キーが盗まれるときっとウォレット内の仮想通貨は消えることでしょう。

その他にもハッキングされたりして秘密キーを盗まれることもありますね。
特に取引所のような大量の仮想通貨を持っているところでは、ホットウォレットに保管していて秘密キーを盗まれる事件がよく起こっているようですよ。

取引所の仮想通貨盗難事件は、過去にもあったし近頃も国内でも海外でも起こっているようですね。
何故仮想通貨が盗まれたのかは、ホットウォレットに保管していたからだそうです。

過去の大規模な盗難事件では、ホットウォレットからコールドウォレットと呼ばれるインターネットから遮断されているウォレットに移すのが遅れてハッキングを防げなかったと言われています。

そして近頃の仮想通貨消失事件も、ホットウォレット内の通貨が盗まれていますが、コールドウォレットの開発が遅れたのが原因の1つだそうですよ。

何故コールドウォレットを使わないのかと言いますと、取引所のように仮想通貨の移動が多いところでは、インターネットから遮断されているコールドウォレットに入れておくと通貨の扱いが面倒になるからみたいです。

いずれにしても取引所はホットウォレットを使わざるを得ませんので、取引所に置いてある自分の仮想通貨はパソコンなどのウォレットに移しておくと少し安全になるでしょう。
また、パソコン用のコールドウォレットも開発されてるので、これを使えばより安全に仮想通貨を保管できますね。