前々から、fxに取り組んできた方であれば、なじみがあるMT4。そもそも、MT4や5はロシアのMetaQuotes Software社が作成した。Windows専用のFXトレーダー用ソフトです。

自動売買で取引ができることから、表示できるテクニカルが豊富なこと、数多くのメタトレーダ口座を登録できるなどメリットも多いです。今回は、もしもこれから仮想通貨投資を始めたいと思っている方であれば、基本的な使い方は知っておいて損しませんよ。むしろ、MT4の使い方を徹底的に覚えておくとトレードに非常に役に立ちます。

仮想通貨トレードでMT4を使うメリット

MT4のメリットは、テクニカル分析が非常にしやすいということです。fxで稼ぐにはテクニカルの分析がカギといえるでしょう。

上の図は、MT4でのチャートです。RSI、一目均衡表、単純移動平均線やフィボナッチトレースメントなど超重要なテクニカル指標が標準でついています。後は、同じく重要な水平線が簡単に引けたり、コメントをチャートに書き足すなど便利な機能が沢山ついてます。

また、背景色やチャートの色などデザインも自分好みに変更も可能です。意外に、取引所が提供するようなトレードアプリだとデザインやコメントを自由に使えるものが少なかったりします。MT4は自由にカスタマイズできるといったところが一番のメリットです。

やっぱりトレードで稼ぎたいなら徹底的に技術を磨く必要があるは事実。地道な分析能力次第でいい投資判断と悪いものとの差がすっごいです。

テレビに出てるような、投資で何億円も稼ぐような人たちってもうプロ中のプロトレーダーです。知らないことがないというくらい知識量があり、その知識と徹底した分析力でお金を稼いでいます。トレードで生計を立てている人を見ると一見簡単そうでうらやましいと思うのですが、実は成功の裏には膨大な分析量が隠れています。

MT4ではEAエキスパートアドバイザーで自動売買ができる

MT4やMT5にはMQL4やMQL5といったC言語ベースのプログラミング言語がついています。かなりプログラミングに詳しくないと自分で一から作ることは難しいとは思いますが、工夫次第でMACDでのデットクロスやゴールデンクロスなど重要な売買タイミングとなりえるところで自動で売買してくれます。

まさにほったらかしでも、稼げる人は稼げるらしいです。実は、私自身は自動売買よりも地道にチャートを見て分析をリアルタイムで分析して自分のトレード判断で売買したいというポリシーがあります。単純に、プログラムを作っている時間が結構かかりそうなので、その時間をチャート分析にあてているというイメージです。

ぶっちゃけていいますと、自動売買よりもいろいろなアルトコインに毎日積み立てて投資を行う方が稼げます(笑)

無料で使えるMt4、5日本の取引所のBITPOINT

BITPOINTでダウンロードできるのは、実際にはMT5でした。証券会社とかFX業者とバンドルしているものは公式ホームページにMT4と記載されていてもMT5になりますね。

実際に、BITPOINTの仮想通貨取引口座を作成したのですが、やっぱりMT5でした。

  • 対応OS:Windows7、Windows8、Windows10
  • Mac非対応
  • 日本語対応:あり

という感じでです。

BITPOINTのMT4のデメリット

  • デモ口座でもすぐに取引できない。口座を最初に作ってねということ
  • 一応審査がある。もちろん、審査に通らないと使えない

などありますが、XMTradingとかIronFXとかよりも初心者には絶対BITPOINTがオススメ。今や日本人が仮想通貨取引に一番取り組んでいますので、海外取引所も日本語対応を増やしてきてはいます。しかし、海外取引所の口座(ウォレット)を作るのは簡単すぎてちょっと不安になりますよ。

あと、日本語対応とか言っておきながら、英語でメールとか送ってくるし日本語スタッフにすぐに問い合わせができるのにも結構ややこしくて、ユーザーインターフェイスが悪いですね。

その点、日本の取引所の方が個人的に絶対オススメ。そもそも、コインチェックの不正送金問題やマウントゴックス事件などもありましたが、海外取引所はセキュリティーなどやインサイダーのところで不透明になる恐れがあります。情報入手も英語になりますので、やっぱり初心者にはおすすめできないですね。それでもやるなら、完全自己責任になります。

そもそも、仮想通貨fxはハイリスクハイリターン。リスクだらけの取引から、さらにリスクを取りに行くことはご法度です。

BITPOINTでMT4、5を使って取引をするまでの流れ

まず、ビットポイントのサイト画面から、MT4のダウンロードが必要です。

ダウンロード後に出てくる、同意書に同意をしていき、

こんな画面が出てきます。そしたら、既存のアカウントからログインします。ここで、ログインと書かれている番号が、MT4のログインIDです。それは、総合口座開設のお知らせという郵便物に記載されています。

いくつもパスワードがあってややこしいと感じるかもしれません。必要なパス、IDは以下です。

  • まずBITPOINTのログインID:登録したEメールアドレス
  • パスワードは初回パスワード:ランダムのパスワード※BITPOINTからの郵送物に記載されています
  • お客様コード:9桁の数字。※郵送物に記載されています。
  • MT4のパスワード:初回登録時に設定するので、忘れないようにスクショなりノートに書いておくなりしておく。

うまく、MT4のアカウントでログインできると、

MT4上の、ヘッドラインに『ようこそ!』というメッセージが来ます。これが確認できたら、ログイン成功。

まとめ

案外、どのチャートを見てもみんな同じということでもありません。チャート一つとってみても、どれだけ使いやすくて、見やすいのか、冷静にトレードができるのかといったことが勝てるトレーダーになるためには必要なものです。

作るのにも、お金がかかりませんから、BITPOINTで試しに口座を作ってMT4でトレードしてみることをおすすめします!