コインチェックのネム不正送金問題で注目を集めたマルチシグ。

仮想通貨fxや草コイン投資をこれから、行おうとする方にとってセキュリティ面は非常に重要なので、マルチシグについても理解しておく必要があります。

今回は、仮想通貨初心者の方でもセキュリティーを高めるマルチシグについて説明しようと思います。

日本だとすでに、ビットフライヤーがマルチシグ対応済みです!

仮想通貨初心者がハッキングされて盗まれないようにする方法

そもそも、コインチェックでのネムの不正送金問題で、多くの方のネムが盗まれてし待ったのはコールドウォレットやマルチシグ対応のウォレットにネムを保管していなかったためです。

仮想通貨取引所で購入したコインは、基本的にはセキュリティーが高いウォレットで保管することが必須。

保管の仕方としては、

があります。

今回のコインチェックの不正送金では、改めて、ビットコインをハードウォレットで管理している人がまだまだ少ないことが露呈しましたね。

仮想通貨のベストな管理方法は、コールドウォレットでの管理です。

ここを抑えたうえで、マルチシグの説明をします。

では、マルチシグ対応のウォレットとは、どのようなもののことを言っているのでしょうか?

仮想通貨をより安全に保管するマルチシグウォレットとは?

メリット デメリット アドレス表記
マルチシグ 複数署名で安心 管理がちょっと面倒 3からはじまる
シングルシグ 管理しやすい ハッキングや持ち逃げリスクがある 1からはじまる
ハードウォレット セキュリティー最強 送金する時に常に機械を使うので面倒

マルチシグとは、その名の通り複数署名による送金プロセスのこと。

つまり、秘密キーが複数にあるということです。

これで、なぜセキュリティー面が強化されるかといえば、仮想通貨を送金する時のことを考えるとわかりやすいでです。

要は、金庫の鍵が1個のものと3個のものどちらが安全ですかという問題です。

そもそも、仮想通貨を送金する時には、公開キーと秘密キー、パスワードがないとできません。

これらがないと、保有している仮想通貨をどうもこうもできません。

そして、その中でも「秘密キー」というのが超重要なんです。

要は、それがないと承認がされないので仮想通貨の送金ができないのです。

ここは、ビットコインとブロックチェーンの基礎知識でおさらい!

そしえ、その秘密キーを複数にすることで、ウォレットから簡単には送金や持ち出すことができないようにすることができるというわけです。

2018年1月に大問題になってネムの不正送金は、運営や業務の都合でサーバー上でシングルシグで秘密キーを管理している状態でした。

なので、ハッキングされる可能性が高かったということも大問題だったのですが、秘密キーがマルチシグで管理されなかったというのも500億円近くのも不正送金されてしまった背景があります。

基本的には、取引所で買った仮想通貨は、ローカルのウォレットやマルチシグのウォレットで保管することがおススメです。

仮想通貨初心者でも簡単に操作できるおすすめマルチシグウォレットは?

マルチシグ対応のウォレットの中でもおすすめなものをご紹介します。

  • Bit go
  • Green Adress※iOSとAndroid両方に対応
  • Copay
  • Ninki Wallet※ユーザビリティが非常にいい!

こうしたウォレットも、2段階認証を設定するのは必須です。

更には、マルチシグなので、複数の秘密キーやアドレスの管理は徹底しましょう。

沢山あるから安心というのは、デメリットにもなりえます。

つまり、どれが必要なアドレスなのか分かりにくくなってしまうこともあります。

なので、コインチェックなどは業務効率の点から、シングルシグでの管理をしたのです。

個人で管理する時も、マルチシグだからこそ管理を徹底することをおすすめします!