仮想通貨mt4で基本的なインジケーターを使って行くと、効率よく仮想通貨トレードをしていくことが出来ちゃいます。

mt4に最初から備わっているインジケーターで必須なものは

  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • 移動平均線
  • macd

でしょう。

インジケーターが便利なのは分かるけど、どうやって表示するのか表し方が知りたいと思われるかも知れません。
仮想通貨mt4のインジケーターの表し方について調査してみました。

仮想通貨mt4でメジャーなインジケーター

Mt4には色々なインジケーターの種類があるので、どれを選んだら良いのか分からないことがあります。
インジケーターには大きく分けて、二つのタイプがあるので覚えておいて下さい。
もとからmt4に入っているものと、後から追加するものですよ。

最初から入っているインジケーターは基本的なもので、ボリンジャーバンドや移動平均線と言ったインジケーターになります。

MSCDや一目均衡表など、使い勝手が良いものが標準で装備されているんです。
これらの基本的なインジケーターを表示するには、そのインジケーターを選ぶだけで簡単に表示されますよ。

問題は後から追加で入れる、ベーシックなインジケーターです。
例えば、ボリンジャーバンドを数値に直して分析しやすくしてくれるインジケーターがあります。
ボリンジャーバンドを数値化するインジケーターは便利なんだけど、最初から入っていないのでダウンロードしないと行けません。

このインジケーターを表示させるには、まずインジケーターの物をダウンロードして下さいね。

 

仮想通貨mt4はダウンロード版を使ってカスタマイズする!

オツポンオツポン

カスタマイズって意味あるの?

トゥレーダー先生トゥレーダー先生

正直、自分の仮設を検証することに使うのが一般的だ。だから正直、カスタマイズしていない人の方が多いぞ。

自分の仮設、トレード戦略を検証したい時やチャートやインジケーターを微調整して、トレードしたいという方はダウンロード版を使うことをおすすめします。

ただ、これは上級者が行うようなことで、初心者が経験もなしに、様々なカスタマイズをしても使いこなすことは不可能といっていいでしょう。

そして、カスタマイズに使う時間を、相場の勉強にあてた方がよっぱど勝てるようになるために必要なことです。

 

さて、ダウンロード版のインジケーターの使い方は、ダウンロードしたファイルを選んで、データフォルダを選びます。

開いたフォルダの中に使いたいインジケーターを見つけて、クリックして下さい。

選んだインジケーターを、最初にダウンロードしておいたボリンジャーバンドの大元のフォルダに移動します。
移動した後は一度mt4をシャットダウンして、フォルダにインジケーターを認識させます。

再びmt4を立ち上げて、挿入ボダンからインジケーターのカスタムを選んで下さい。
カスタムの中にダウンロードしてあったインジケーターの名前が出てきます。

インジケーターを選ぶと、見事チャートにボリンジャーバンドを数値化するインジケーターが表示されますよ。

ダウンロードしたインジケーターと言うのは、結構見にくいことが多いんですよね。
初期設定のままだと分かりにくいので、自分が見やすいようにカスタマイズしましょう。

インジケーターのプロパティを右クリックで開いて、表示させる数値などの情報を設定することが出来ちゃいます。

表示させる数値を少なくしたいときには、必要な数値だけレチェックを入れて選んで下さいね。
移動平均の期間などの設定も細かく出来ちゃいますから、自分好みにカスタマイズしちゃいましょう。

Mt4のインジケーターはいろんな種類があるので、基本的なものからドンドン使ってみて下さい。
インジケーターを使っているうちに、トレンドやレンジについても分かってくるし、MACDや平均足を使った分析方法なども出来るようになってきます。

分析を繰り返していると、自分にとって必要なインジケーターといらないものが分かってきますよ。

ちなみに、私は移動平均線と一目均衡表がメインです。

正直水平線と移動平均線で、仮想通貨fxで稼いでいる人は大勢います。

仮想通貨mt4で基本的なインジケーターを表すときには、必要なインジケーターを選んで下さい。
ダウンロードして、他の基本的なインジケーターを表すことも出来るので試してみましょう。