日本発の仮想通貨で有名なモナコインですが、結構面白い仮想通貨だと言えるでしょう。
仮想通貨の規模としても以前は100番前後だったのに、価格上昇と共に20番から30番の間に上がることもありますので健闘していますね。

私も、今まで投資してきたアルトコインの中で最も収益性がよい通貨でもあります。個人的にはかなりおすすめ通貨ですね。意外と、モナコインについては知らない人がおおいので、ここで基礎的な知識を身に着けて、早速投資してみるのも手です!

仮想通貨初心者でも稼げる?モナコインの特徴とは?

仮想通貨はブロックチェーンという取引データに、一定時間毎に新

しい取引履歴を集めたブロックが追加されます。
モナコインの場合は約1分30秒の間隔でブロックが追加されるため、取引の承認がとても早いです。

ちなみに代表的な仮想通貨のビットコインは、10分間隔でブロックが追加される仕様です。

これは、実際に送金をしてみると実感するのですが、よく草コイン投資をする際に、ビットコインを海外取引所に送金するときにビットコインは結構時間かかります。

そもそも、取引手数料によって優先順位が決まってくるので、少額の送金の場合、10分以上かかることもあります。

オツポンオツポン

これから、気軽に仮想通貨で買い物ができる時代がすぐ来そうだね。

トゥレーダー先生トゥレーダー先生

そうなったら、おそらく今現在のような爆上げなどはなくなってしまう可能性が高い。投資をするなら今が最大のチャンスといえる!

まだ、口座をつくってない方は、今すぐZaifでモナコインを買っておく!

また、モナコインは通貨単位がMONAですが、通貨の生成が早くて、今では1億MONA以上が流通しているそうですよ。
そして、モナコインは日本発だけあって、日本のショップなどで使えるところが結構多いんですね。
もう1つモナコイン面白いのは、あるSNSを使うと誰にでもモナコインを差し上げることが簡単にできるところでしょう。

モナコインの価格は下がる場面はあるものの、長い目で見ると着実に上がってきていますね。
特に2017年は仮想通貨全般が値上がりした年でしたが、モナコインも上がり続けて10月には過去最高値をつけました。
ただ年末に向けて下がりましたが、その後は持ち直しているようですよ。

日本初のモナコインが世界へ!?

 

ところで日本発のモナコインは、海外では余り知られていない仮想通貨なんです。
なにしろ取引の80パーセント前後は日本で行われてるので、将来的には海外でも多くの人に知られるようになってもらいたいですね。

一方で英語の情報が多い仮想通貨の世界ですが、日本発のモナコインですから、日本語の情報が多いところは英語が苦手な人にとっては利点でしょう。

それにモナコインのコミュニティが活発なのも特徴と言えます。
こちらも日本人が多いですから、言葉の問題はないですね。

モナコインを手に入れるには、上記のSNS経由で誰かからもらうのがタダでいいですね。
しかし普通は取引所で日本円やビットコインなどと交換して手に入れます。

ただモナコインを扱っている日本の取引所は少なくて、選択肢は限られちゃうんです。
また海外の取引所でも扱っているところは少ないから、日本の取引所を使った方が楽に手に入れられますね。
取引所を選ぶ時には、まず手数料の安いところにするといいですよ。
そして、次にセキュリティがしっかりしているかどうかです。

モナコインを取引したいならZaifがかなりおすすめ!

そこでモナコインを購入するのにおすすめの取引所を紹介しましょう。
それはZaifで、手数料がリーズナブルでセキュリティも万全だと言われていますね。
加えてZaifは仮想通貨の積立ができるんです。

モナコインも積み立てできますから、毎月コツコツと積み立てて、いつかは億万長者になるのも夢とは言えないでしょう。

SegWitという仮想通貨界隈の技術があるんですが、これは多くの仮想通貨の送金処理を同時にできちゃうシステムなんですね。つまり、すっごく早く送金ができるようになります。そうなると、日本人との決済ではモナコインを使おうとか、日本人観光客が多い国でわざわざその国の法定通貨に変えずともモナコインで買い物ができたりとか可能性が大きく広がります!

そしてモナコインは、このSegWitをいち早く導入した仮想通貨としても知られていますよ。

あまり世界中ではまだ知られてないからこそ、今がチャンスです!