最近、仮想通貨の王様ビットコインで、スケーラビリティとプライバシーという点で技術的な改善がされる計画があるそうです。

それは、もちろんビットコインの価格にも長期的に影響してくること。

結論から言ってしまえば、仮想通貨やビットコインは長期的に確実に、進歩して社会的に大きなインパクトを与えることが言えます。

そして、投資対象としてももちろん買いシグナルが強くなると予想されます。

ここで、現在の仮想通貨、ビットコインが抱える技術的な問題がどのようなことなのか、その問題に対してどのようなことが取り組まれているのか簡単にご紹介したいと思います。

仮想通貨ビットコインのスケーラビリティ問題について

現在のビットコインユーザ、仮想通貨ユーザはいまだに、スケーラビリティ問題について心配している方が多いと思います。

仮想通貨fx初心者の方にも、わかりやすく説明すると、まずスケーラビリティ問題とSegwitという用語を知っておきたいです。

スケーラビリティ問題というのは、ビットコインの処理能力を上げる必要があるということです。

世界中でビットコインが使われるようになり、ビットコインの取引処理が追い付かず、送金が遅れたり手数料が高くなってしまうのを防ぐことが必要になります。

スケーラビリティというのは、ビットコインの取引能力を拡張することという意味です。

しかし、もう少し踏み込んで、ブロックチェーンのブロックサイズを大きくするだけではこの問題は解決できませんでした。

ここで、Segwitという対処方法が出てくるのですが、これは一つ一つも取引のデータのサイズを小さくすることで、処理量そのものを小さくするというものです。

また、Segwitは、トランサクション属性問題をも解決すると期待されています。

トランサクション属性は英語でいうと、transaction malleabilityです。

 

どういうことかというと、トランザクションIDだけをトランザクションの識別に用いているウォレットで、トランサクションIDが変更されてしまった場合、二重支払いを発生させることができてしまう脆弱性があるということです。

例えば、A太、B太(攻撃者)、C太(お店)の三人の取引の流れで説明しますね。

A太がB太に1BITC送ります。

B太はC太のお店で1BTCで商品を買いました。

C太は、B太はお客さんなので10分もかかるブロック承認を待つことはせずに、ビットコインの送金を完了させてしまいます。

そして、B太は後でA太→B太のトランサクションIDを変更します。

これがされてしまうと、C太はB太から支払代金である1BTCを受け取れません。

なぜなら、基本的にビットコインの取引はチェーンのようにつながっているからです(ブロックチェーン)。

つまり、A太→B太のトランサクションIDを参照(有効なUTXO)して、B太→C太とトランサクションが行われます。

こうして、1BTC払うことなく商品を手に入れることに成功してしまうといった問題が起こります。

オツポンオツポン

ちょっと難しいですよね。

 

こうした問題をSegwitは解決してくれるとかなり期待されていました。

しかしこれらの取り組みは、初期段階でのスケーラビリティ問題への対処として取られた方法です。

 

ビットコインのプライバシー問題

また、ビットコインのプライバシー問題もたびたび問題視され続けています。

Schnorr 署名がこの点を解決したのは記憶に新しいですね。

過去の話ですが、この改善で、取引効率だけでなく、マルチシグ取引でのプライバシーレベルが上がりました。

これは、オリジナルの署名をマスキングすることによって、マルチシグでの取引サイズを縮小することに成功したことが要因です。

 

オツポンオツポン

そして、これに加えて、新に提案されたのが、ブルーフルーフという技術です。

 

これは、必ずしもスケーラビリティ問題の解決策とはならないものの、もう一つのプライバシーレベルを引きあげる解決策として提案されています。

更には、取引手数料も下がることが期待されるなど、将来のビットコインの取引に確実にポジティブにきいてくるものなのは確かです。

 

サイドチェーンは仮想通貨にとってはかなり重要なもの!

サイドチェーンというのは、追加的なブロックチェーンを導入することで、様々なプロジェクトとビットコインをつなげることができるというものです。

これは、ビットコインに限らず他の仮想通貨にも共通していえることで、ビットコインと紐づけされている中で、異なるチェーンが異なるルールや特徴をもつことを可能にするものです。

サイドチェーンは、将来的にスケーラビリティ問題を解決すると期待されています。

そして、サイドチェーンにもいろんな種類が混在していて、その中でも特に注目したいのが、RootstockやLiquid Networkと Drive chainです。

これらの技術が、将来的にビットコインのポテンシャルをかなり引き上げて、BTCの価格も長期的に上げる要因となりえます!

現在、仮想通貨全体で問題視されていることに対する解決策が、革新的な技術を持っていて、それがビットコインに限らず、そのほかのアルトコインや草コインの価格を数倍にも上げることは十分に考えられるでしょう。

個人的には、Enigmaカルダノエイダはあついと思ってます!