仮想通貨取引所で口座を作ったら、必ず行っておきたい二段階認証。ただ、詳しいやり方って誰も教えてくれません。

絶対やるべき、セキュリティー設定なのにやり方教えないなんて無責任な…と思っていました。なので、今回は、初心者の方での簡単にできる二段階認証のやり方をご説明します。

オツポンオツポン

ややこしいのは嫌だから、簡単に設定を完了する方法教えてほしい!

トゥレーダー先生トゥレーダー先生

二段階認証と聞くと一見難しそうで身構えてしまう感じはするが、実は非常に簡単な設定だ。5分で完了するぞ。

二段階認証設定に必要なもの・ことは?

まず、基本的に二段階認証設定にはPCとスマホでのアプリを使います。特に重要なことは、PCから出ないと設定ができない取引所があるので、基本的にはPCからの設定の方がいいでしょう。

アプリを使うやり方はホントに簡単。

実際、Google Authenticatorを使ってQRコードを読み取ってから手続きをすることが設定が簡単でおすすめです。ただ、人によってはQRコードを読み込めないという方もいると思います。別途QRコードを読み取りようのアプリをダウンロードしなきゃいけない人は、電話かSMSでもできます。

ちなみに、私がよく使っている取引所のgmoコインさんはSMSと電話でも設定が可能です。設定の仕方は、まずPCでgmoコインにログインします。

ログインしたら、左から口座情報へクリック。

口座情報の中のセキュリティーをクリックすると以下のような画面になります。

赤い変更ボタンの少し上に、二段階認証が未設定ですとありますね。設定はコチラをクリックします。そうすると、

アプリ、SMS、電話といった認証方法を提示してくれます。ちなみに私は、電話で行いました。電話の場合はすぐに電話がかかってきて、自動音声によるちょっと早めの声で6桁の番号を言われます。その数字を直接入力しておき、ログイン時における二段階認証設定を『利用する』に設定して完了です。

もしかすると、ゆっくり間違えず入力したいという方にとってはSMSの方がベターかもしれません。

アプリで設定する方はちょと注意

アプリで二段階認証設定をする方はちょっとだけ注意が必要です。要は、今お使いのスマホを買い換えたりしたときや盗難や紛失の際にアプリでの認証が面倒になる、場合によっては取引口座にアクセスできなる可能性があります。

もし、二段階認証をアプリの方で行う場合は、コードの画面をスクリーンショットしておき、オフラインのフォルダーかUSBで保管しておくことをおすすめします。

以外にも、アプリで行う方がトラブルも多いようです。一番いいのは、これから先電話番号を変えない限り、電話での認証が手っ取り早くていいかもしれませんね。

あと、今回はgmoコインでのやり方をご紹介しましたが、基本的には日本の取引所での設定は非常に簡単ですし、今回ご紹介した方法とほぼ同じところがほとんどですのでご安心ください。

本人確認完了後の口座開設コードが郵送で送られてくるまでの間に、絶対に二段階認証を設定しておいてくださいね。