周りの人結構稼いでいるみたいだから、仮想通貨を買ってみたいと思っている方へかいています。最近一気に注目を集めている仮想通貨取引ですが、どうやって始めればいいのかさっぱりわからないという方も多いでしょう。

そこで、今回は投資初心者でも簡単に始められるやり方をご説明します。

仮想通貨fxを始めるのに必要なもの

まず、仮想通貨を買ったり売ったりするのは仮想通貨取引所の講座が必要です。ご自分の好きな取引所を選んで、そこから新規登録画面で基礎情報を入力します。そして、最終的に本人確認書類をカメラなどで撮影しアップロードするだけ。

仮想通貨取引所の口座開設の前に注意点があります。それは、できるならSNSなどのアカウントではなく、メールアドレスでのログインをおすすめします。そして、メールアカウントのパスワードも覚えにくいものに変更するといいでしょう。以下は、gmoコインでの口座開設時の画面です。

具体的な入力項目は以下です。

  • 連絡先(メールアドレスと電話番号)
  • 基本情報(名前、住所など)
  • 口座情報※入金時での登録でもOKの取引所もある

こうした入力はものの3分くらいで終わります。ここまで行ったら、会員登録は終了。ただ、実際に取引をするとなると本人確認段階まで行う必要があります。これを忘れると、肝心の取引ができないので本人確認は行いましょう。会員登録同様、簡単な手続きなので早い人であれば5分で本人確認も完了します。

本人確認は大それたことではなく、クレジットカードのような審査があるわけではありません。2017年4月から義務付けられているとはいえ、国籍の確認や住所の確認程度のものです。なので、職業や年収を聞かれることもありません。ウソの情報を入力したなど以外全く心配いらないです。

未成年者でも親の同意があれば、口座は開設できますので細かな心配はいりませんよ。ちなみに、日本の全取引所は本人確認は必須となっています。

具体的に必要なものは以下

  • 電話番号認証
  • 本人確認書類の写真アップロード(免許証かパスポート、マイナンバーカートなど)
  • 本人確認ハガキによる住所の確認※本人確認書類アップロード後に入力された住所に簡易ハガキが送られます。
  • 未成年者の場合は、親の同意書と親子関係を証明する書類(住民票、母子手帳、保険証など)

ここまで、完了すればいよいよ仮想通貨の売買ができるようになります。

口座開設にかかる日数は?

私自身もアービトラージ取引をするために、主要な取引所の講座を開設しました。コインチェック、gmoコイン、DMMビットコイン、Zaifなどなど。

これらの取引所の口座開設が完了するまでに、大体3~4日程度かかった覚えがあります。gmoコインは処理が完了しているにも関わらず、簡易ハガキの送付に一週間かかったりしました。とはいっても、gmoコインは使いやすかったり取引手数料のところで気に入っているのでオススメの取引所です。

やっぱり、最近ビットコインなどの仮想通貨取引が盛り上がってきているので、口座開設にも取引所によっては時間がかかる可能性があります。とはいっても、一週間たっても簡易ハガキが送られてこないとか本人確認種類の確認メールが来ない時は問い合わせてみることをおすすめします。

大体の場合、手続き自体は終わっているが送付するのが遅れたというものが一般的な遅れの理由でしたよ。

なるべくは複数の口座を開設することがオススメ!

コインチェックの不正アクセス、不正送金問題でもあったように突発的に取引所の様々な問題が起こりえるリスクがあります。取引所のシステムトラブルでビットコインの取引ができなかったり、稼げていたはずだったのにチャンスを逃すといったこともあり得ます。

また、取引所の倒産や破産のリスクだった少なからずあります。マウントゴックスの破産問題はいい例ですね。

後は、上級者の稼ぐ方法ですが、各取引所の手数料の差を狙ったアービトラージ取引もできるなどメリットもあります。仮想通貨の取引口座は簡単に作れますので、これからビットコインなどを本格的にトレードするという方はオススメ取引所の口座を複数持っておくといいでしょう。

仮想通貨を手に入れる方法

実は、取引所以外にもビットコインなどを手に入れる方法もあります。それは、マイニングというものです。

そもそも、仮想通貨とはデジタル通貨といわれ、インターネット上に電子台帳があり、不特定多数の人が管理できるもの。法定通貨のように中央管理者がいないので、いろいろメリットがあります。

そのシステムの中で、ビットコインの決済や取引の検証を進んでやってくれる組織、マイナーとよばれる人たちがいます。マイナーは不正な取引がなされていないか、二重送金が起こっていないかなど検証してくれる存在です。

そして、その見返りにビットコインをもらうという仕組みが仮想通貨にはあります。ブロックチェーンとも言われます。仮想通貨とは何かといったことに関しては、コチラをご参考にしてみてください。ただ、マイニング市場はマイニングプールという専門家集団と超高性能PCを使える組織によってほぼほぼ占有されています。

その他にも、ポイントサイトなどでビットコインと交換できたりとかするので、ポイントサイトでも手に入れることができます。

また、仮想通貨の取り扱いがだいぶ慣れてきたという方は、ICOに参加してトークンと呼ばれる企業の新しい資金調達方法を活用することでも入手可能です。これには、ウォレットの扱い方やシステムの仕組みについてよく理解している必要があるので、初心者にはオススメしないです。

ただ、これからは仮想通貨から一歩進んでトークンが注目を集めてくる可能性が大きいですので、いち早く使い方をマスターするのはいいかもしれません。

あと、セキュリティー対策については基本的なことくらいは知っておいた方がいいでしょう。

仮想通貨を保管する方法

仮想通貨投資をする際に最も重要といってもいい、保管の仕方。買ったはいいけど、盗まれたりしたらホント元も子もなくなりますよね。買ったビットコイン、アルトコインは安全に保管することがホントに重要です。

セキュリティーのことを考えたときに、ベストな保管方法はやっぱりハードウェアウォレットで保管するのがいいでしょう。ただ、ハードウェアウォレットの使い方や、そもそもビットコイン決済をしたことのない方の場合はちょっとハードルが高めです。現在、ほとんどの初心者の方であれば、オンラインウォレットで管理しているのが一般的です。

その際に、絶対2段階認証は設定しておいた方がいいでしょう。取引所のセキュリティーレベルにも依存してしまいますが、二段階認証を設定しておくだけでもセキュリティーレベルは格段に上がります。

それで、すべての危険は避けられるというワケではありませんが設定しておく方が安心です。取引所によっては、二段階認証を設定している方だけ、不正アクセスによる不正送金でビットコインが取られてしまっても定額保証してくれるところもあります。

もちろん、二段階認証を設定していない場合は対象外となるので注意が必要です。

仮想通貨の種類について

オススメ取引所の選び方でもいえることですが、ビットコイン以外の仮想通貨アルトコインに着目して見るといいでしょう。2017年は仮想通貨元年といわれていますが、その理由の一つにビットコイン以外の仮想通貨も出てきたことも挙げられます。

実際、2017年に巨万の富をあっという間に手に入れた人達は、もちろんビットコインとハードフォークして分裂した新しいタイプのビットコインの配布による倍々ゲームで稼げたという背景はあります。

しかし、これだけではなく、アルトコインといったもしかするとポストビットコイン、次世代の仮想通貨の爆上げも大きなニュースになりました。

実際、これから仮想通貨fxで稼ごうと思っている方はアルトコインやICOといったことに徹底的に詳しくなっておくというのは一つの戦略です。

初心者が仮想通貨fxで稼ぐ方法

ハッキリ言って、仮想通貨で稼げる人、トレードで長いこと稼げている人には共通点があります。それは、的確な情報把握能力とトレーダーとして最も重要なメンタルマネージメントの能力が高いこと、リアルビジネスのような徹底的な資金管理能力が高いことです。

これは、絶対的な真実で、テレビで紹介されるような凄腕トレーダーや投資家はみんなこれらの能力が非常に高い方ばかりです。同じチャートを見ているのに継続的に稼げる人と元本をとかしてしまうほど稼げない人が出るのは、上にあげた能力が秀でているかそうでないかの違いだけです。もちろん、短期的に設けた人は運が良かったりといった要素もありますが、長期的に見たときには結果は明らかです。

要は、絶対に勝てるインジケーターなどのテクニカなどないということを理科し、自分自身を徹底的に管理して最善の判断をできるようにする重要性がわかっているトレーダーが勝てる人ということです。偉そうなことを言っていますが、もちろん私も発展途上もいいところ。上にあげたような言葉も、自分に言い聞かせています。上にあげたことを理解しているだけでも、勝つか負けるかの違いはホントに大きいですよ。当ブログでも、トレードメンタルノウハウについて色々ご紹介しますので是非、ご参考にしてみてください!

特に、チャートが大好き!トレードが大好き!という方は必見です。そういう人ほど、陥りやすいものなので(笑)